IT経営マガジン

COMPASSONLINE

「ITのホント、経営のヒント」を現場目線でわかりやすく紹介!
参考事例をきっと探せる、中小企業のIT活用情報サイトです。

カラー冊子づくりは社内でできる! 地域情報発信にNPOでも有効活用

2015年 秋号 2015.11.13


小冊子やマニュアル、研修資料など、少ロットの冊子印刷物は外注するとコストが割高になってしまいがちだ。内製化を進めたいところだが、チラシなど1枚ものの印刷に比べ製本加工が必要な冊子などは印刷・帳合・綴じ・断裁といった多くの手順を踏むため、一連の作業にかかる負荷も重くなってしまう。

社内で効率的に冊子を作成する手立てはないだろうか…。

このニーズにずばり応えるのが、高速・低コストの印刷を実現する理想科学工業のカラープリンター「オルフィスEX」と、製本までを自動化できるオプション装置「ORくるみ製本フィニッシャー」の組み合わせだ。

RISOリソグラフ「オルフィス」

「オルフィスEX」シリーズは最高毎分150枚(※1)と高速でフルカラー印刷1枚(※2)あたり1.56円とランニングコストが低く、印刷枚数が多くても快適に利用できる。オプションの「ORくるみ製本フィニッシャー」を装着すれば、冊子型にプリントされた用紙を表紙でくるんで製本する「くるみ製本」が可能となり、ページの印刷順などを考えずとも自動的に処理されるので手間いらずなのだ。

この仕組みによって冊子づくりの作業負荷を大幅に軽減した山梨県甲府市のNPO法人つなぐの事例を紹介しよう。

社名 NPO法人つなぐ
所在地 山梨県甲府市丸の内1-1-11 ポレスターステーションシティ甲府1207号
設立 2003年1月
事業内容 街歩きのガイドブック制作およびツアー企画。その他にミュージアムと連携したミニ展示会なども実施している。
他県でのガイドブックづくりやツアー企画に関するアドバイス、サポートも積極的に行っており、ガイドブックの作成、印刷・製本までの作業を請け負うことも可能とのこと。
URL http://www2a.biglobe.ne.jp/~yamaiku/

“ふるさと学び”がコンセプト 街歩きガイドブックを発行

身近な町を歩いて歴史や文化、自然、風物に触れてみよう──。2003年に設立されたNPO法人つなぐは、山梨県内の徒歩で回れる3〜5km圏のエリア内で独特な散策コースを設定し、手書きの地図とイラスト入りで名所を紹介する有料の『まちミューガイドブック』を発行している。

【オルフィスを活用して制作した小冊子】

【オルフィスを活用して制作した小冊子】
徒歩で回れる名所を紹介している『まちミューガイドブック』

理事長の山本育夫氏は、きっかけを次のように説明する。「かつて山梨県の市町村を紹介する雑誌の編集長を務めていたとき、生まれ故郷でも意外に知らない、おもしろい場所がたくさんあることに気づかされました。そこで、既存の雑誌にあるようなありふれた情報ではなく、自分の住んでいる街のことが手軽に安価に学べるガイドブックを作ろうと決意したのです」。

理事長の山本育夫氏

全国のミュージアム情報誌や山梨県内の市町村を紹介する雑誌などの編集長を務めた経歴を持つ。

作成した冊子は250種類以上。併せて、冊子を手に実際に街歩きをする「まちミュー・フットパスツアー」も開催している。

こうした活動に興味を持った県外の自治体からも声がかかり、東京、沖縄、静岡、長野、新潟などの市町村でも同様の “街歩きガイドブック” が出版されている。

ガイドブックの企画・編集・製作などは約10名のスタッフですべてこなしている。山本氏は、内製化のメリットについて「必要に応じて作成できるので在庫管理がいりません。掲載内容に変更を加えなければならなくなった場合でも、在庫分の廃棄、刷り直しといった無駄を出さずに済みます」と話す。

仕上げの断裁作業が重荷 解決策は “くるみ製本処理”

事務所内での印刷・製本ツールは当初、理想科学工業のデジタル印刷機(リソグラフ)と帳合・中綴じ機、仕上げ用の断裁機を導入。数年を経て、「オルフィス」の従来機種(オルフィスHC)に2つ折り・中綴じまで自動処理するオプション装置を組み合わせたシステムへ移行した。理想科学工業の製品を採用した理由は、「印刷がとにかく速く、プリント単価も安いから」と山本氏は言う。

【オルフィスを活用して制作した小冊子】
ツアー情報と会員向け情報をまとめた季刊誌(ガイドブックの半分のサイズ)

ガイドブックの用紙には、手づくり感や携帯時の耐久性を考慮して腰のしっかりした厚手の紙を使っている。そのため、中綴じ部分にどうしても膨らみが出てしまい、断裁機にセットした際には力を入れて押さえていなければならず、これが次の課題となった。

作業をもっと楽にしたいと考えていた折り、長年付き合っている地元企業のアルプス事務機から「オルフィスEX7250」と「ORくるみ製本フィニッシャー」の提案を受けた。

「断裁まで全自動化される仕組みは悩みにずばり合致する解決策で、どうしても導入したくなりました」と山本氏。実際の紙で印刷や仕上がりをしっかり検証し、2014年秋から運用を開始した。

仕上げまでノンストップ、厚みのある冊子も可能に

「オルフィスEX7250」と「ORくるみ製本フィニッシャー」により、印刷から仕上げまでがノンストップで進められるようになり、工程の時間短縮が実現された。断裁にかけていた人手を他の業務に割り当てられるようにもなった。

また、くるみ製本では、冊子に厚みを出せるので、「既存の冊子を市町村ごとやテーマごとにまとめて合冊本にすることも簡単」と山本氏は話す。

従来に比べて仕上がりの精度、見栄えもよくなったことから、この機を捉えて販売価格を200円から250円に変更した。これも新しい印刷・製本環境の1つの効果といえる。

山本氏は、「この活動を全国各地に波及させたい。さらには、小中学校などのカリキュラムとして、子供たちが“ふるさと学び”をしてくれればと思っています」と、今後の目標を語っている。

※1:A4普通紙片面横送り、標準設定連続プリント、EXフェイスダウン排紙トレイ使用時。排紙先・排紙機能によりプリントスピードは異なります。

※2:A4普通紙片面、RISO EXインク F使用時。カラーは測定画像にISO/IEC24712に定めるパターンを使用し、SO/IEC24711に基づく測定方法によって算出。モノクロは測定画像にISO/IEC19752に定めるパターンを使用し、ISO/IEC24711に基づく測定方法によって算出。用紙代別。CMYK各色5%では2.05円/枚、K5%では0.68円/枚(A4普通紙片面、標準設定連続プリント、RISO EXインク F使用時、用紙代別)。

お問い合わせ先

  • 理想科学工業株式会社
  • 東京都港区芝5-34-7 田町センタービル
  • お客様相談室:0120-534-881
  • URL:http://www.riso.co.jp/

資料請求フォーム

この記事に紹介されたサービス・製品について、資料を請求できます(無料)。

(必須)の項目は必ず入力してください

郵便番号(必須)

住所(必須)

会社名

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号

COMPASSの読者登録を希望する(すでに読者登録されている方は「いいえ」を選んでください)

ご意見・ご要望このフィールドは空のままにしてください。