中小企業のIT経営・デジタル化・DXを推進

COMPASSONLINE

DX時代の経営に役立つ情報を提供します。
冊子・IT経営マガジン「COMPASS」&中小企業のIT活用事例に基づく各種サービス

編集長ブログ

COMPASSの取材で出会ったこと、訪問地域、考えたことについてつづります。
≫プロフィール

「くまモンさんと同室になります…」(プラスITフェア熊本)

2017.04.11


中小企業庁のプラスITフェア、4月10日は熊本でした。全国10か所のうち3か所目です。

ITツール展示ブースの様子

熊本商工会議所 田川憲生会頭

 
このフェアでは前日の夜に入り、終わるとすぐに東京に戻るの繰り返しとなり、観光はもちろん街で食事もできません。そんなときは、仙台駅のずんだ餅や、大分空港の足湯のように、駅や空港に楽しいものがあると、その地を感じられてありがたいです。

熊本では、会場にて「ここは熊本だ」と感じられるサプライズが。

プラスITフェアのオープニング・来賓挨拶で熊本県庁の方が登壇され、そこにくまモンがサプライズ登場という知らせ。

控室で準備をしていると事務局の方から、

「この控室にくまモンさんもいらしゃいますので、よろしくお願いします」と。

あら、くまモンはVIPルームじゃなくてわれわれと一緒の一般控室なんですね。

ほどなく、くまモンが秘書(誘導)の女性といっしょに入室!
握手してハグして一緒に写真撮らせてもらいました。
講演前だというのに、強烈な盛り上がり。。。。。
一緒に写真を撮ってもらうと相対的に痩せて見えるのがまた、くまモンの良さですね(笑)。

実のところ、キャラクターグッズで見るくまモンにはそれほど惹かれなかったのですが、実物は動作もキレッキレで、変わらないはずなのに表情豊かに見える。からだが黒だと汚れが目立たないよさもありますね。

感心したのは、控室内、それも私と事務局さんしかいないのに、機敏な動きをしてくれたり、椅子を使ってポーズをつけたり。控室だからってダラーっとしないところが、さすが営業部長、プロだなぁと。


「中の人」はどんな方なんだろうと興味津々になりましたが、「くまモンはくまモン」だそうで。

はい、わかりました。そうですよね。

イベントでは、県庁さんの呼びかけで登場。会話に応じて動きで気持ちを伝えていました。

ちょっとだけスマホで撮った動画を。

子供もおらず、大多数が「おじさま」でリアクションも薄い、というイベント。やりにくかったのではないかと思います。それでも、機敏に動き続ける。。。。
この会場の雰囲気に、くまモンは何を感じたか、インタビューしたかったところです。

舞台裏でくまモンが最後まで元気に手を振り帰っていく後姿を見送りながら、

どんな環境でもプロに徹し、役目を果たす姿勢で取り組む

という仕事の原点を再確認。
イベント事は、機材トラブルや会場ごとの違い、自分のテンション、お客様の状況、地域性…いろいろな要因が重なりますが、その中でできることを最大限やるのみと気を引き締めた、くまモンとの時間、そして熊本でした。

担当した「IT導入インタビュー」では、予約状況の共有や座席管理ができるクラウドシステムを導入した和風居酒屋「おるげんと」さん、創業時に会計とレジをクラウドシステムにして、会計業務を徹底効率化したお菓子屋「ちあん」さんなど、現場のリアルなお話を伺えました。おるげんとさんは、熊本よろず支援拠点、ちあんさんは松浦商工会議所の支援も上手に活用されているそうです。専門家や支援機関といかにつながるかも大切ですよね。

残念ながら、熊本以降はスタッフが同行できないので、写真がなくてすみません。

プラスITフェア ITツールの紹介

スタッフのみなさん、日曜日からのご準備おつかれさまでした