中小企業のIT経営・デジタル化・DXを推進

COMPASSONLINE

DX時代の経営に役立つ情報を提供します。
冊子・IT経営マガジン「COMPASS」&中小企業のIT活用事例に基づく各種サービス

編集長ブログ

COMPASSの取材で出会ったこと、訪問地域、考えたことについてつづります。
≫プロフィール

高速バスでショートカット!ー岐阜・美濃地区へ

2017.07.16


7月上旬、美濃で行われるソフトピアジャパンと美濃商工会議所のセミナーに突撃取材してきました!
ソフトピアジャパンの中小企業支援といえば、Web活用の支援に奔走する支援者・茂木邦基さん、そして、美濃商工会議所も支援グイグイの注目支援機関です。

美濃市は岐阜市の北東に位置し、鉄道路線は、岐阜から少し東側に寄った美濃太田から北濃まで長良川鉄道が走っています。この路線、東京から利用する場合、新幹線到着駅の名古屋から起点の美濃太田駅までが結構遠く、長良川鉄道はいったん西に戻ってから北上するため、地図上は「遠回り感」が否めません。

朝10時30分の約束にどうやって向かおうか。
鉄道好きとしては長良川鉄道利用をしたいものの、最寄駅からタクシー利用が必須で、時間的にも金額的にも微妙です。
こういうときに調べるべきは高速バス。

会場となる美濃観光ホテルや美濃市、地元バス会社のWebサイトを見て、名古屋発と岐阜発の2系統が、関・美濃・郡上八幡方面にバスを走らせていることがわかりました。
 では、バス停からの徒歩も併せて、約束の時間に会場にたどり着くベストルートはどれなのか。

Web地図、高速バスの停留所情報、時刻表情報を見比べると……
  ・岐阜バスの名古屋発美濃市駅行だと路線はこんな感じ
   一日に9本と、結構本数あります。
  ・岐阜バスの八幡線(岐阜発)だと路線こんな感じ 

名古屋起点で、10時30分の待ち合わせなら、名古屋の名鉄バスセンター8時発のバスにのり、9時45分ころに到着する中有知(なかうち)バス停からてくてく歩くのがベストルートとわかりました。

ちなみに、目的地である美濃観光ホテル近辺には、複数のバス停が設置されています。Yahoo! の地図で確認すると、名古屋からだとバス停がちょっと離れていますが、このくらいの徒歩は十分OK!

 

ということで、ようやく出張準備が終わりました。

こうした作業、個人的は結構好きです。が、仕事時間を有効に使うという点では、もう一歩統合された情報があると効率が上がってうれしいです。

バス会社のサイトの停留所名をクリックすると地図に飛んで位置がわかったり(情報会社さんのサイトはありますが使いにくい)、美濃市として長良川鉄道を合わせて、詳細地図を出してもらうとか。
Webの情報って、関連サイトへリンクを貼るとOK、という気がしますが、初めての人はそれを読み込み理解するのに時間がかかるもの、基礎情報を使いこなせるためのサポート情報があると助かります。

バスの運行も、名古屋からのバスは高速を降りると関から各駅停車、岐阜からのは目的地が郡上八幡方面(もっと北)なので美濃までは比較的早いなど、特徴がありました。

さて、実際の様子は…

・名古屋の名鉄バスセンター(名鉄百貨店の3F)。夜行バスで到着した方々とすれ違い独特の旅情が。コンビニあり。

 道中もたのしく…踏切を通過。名古屋からのバスは、途中、長良川鉄道駅の関市にも停まります

・中有知バス停降りたところ(このバス停はボタンを押さないと停まってくれないようで、あぶなく通過するところでした)

・いい感じ緑を眺めながら、のんびりと…向かいました。特産の美濃和紙を売る店もありました。


美濃市では、8月1日に花火大会があるそう。
高速バスによるショートカットで岐阜からも名古屋からも結構近い美濃地区へ、遊びに行ってくださいね。

うだつの町並み

長良川

 
観光協会のWebサイト