IT経営マガジン

COMPASSONLINE

「ITのホント、経営のヒント」を現場目線でわかりやすく紹介!
参考事例をきっと探せる、中小企業のIT活用情報サイトです。

【チェックポイント】一般消費者としてキャッシュレス決済を利用するにあたって

2019.08.22


「キャッシュレス」という言葉を見ない日はないほど、現金を使わない購買方法が話題になっています。

従来から提供されているクレジットカード、デビットカード、交通系その他電子マネーに比べ、歴史が浅い、スマートフォンアプリを使った「QRコード決済」(〇〇Payと名付けられているものが多い)を利用するにあたり、一般消費者側に求められる注意事項を整理しました。

 

「QRコード決済は」高いポイント還元率やスマホから申し込める手軽さが魅力で、興味深いサービスです。その分、従来の決済手段のように、じっくり書類を読むプロセスを省略しがちです。

あなたのお金と購買情報にかかわる大事な契約です。理解し納得してから、自分の意志で申し込み、利用しましょう。

<ポイント>

□1 店舗などで勧められた場合、その場すぐ申し込まず、サービス内容を一通り読む時間を取る

□2 困ったときにいつでも電話で問い合わせができるか、緊急連絡先がわかりやすいか確認する

□3 利用規則に目を通し、サービスの全体像をつかむ

□4 自分の購買データがどのように扱われるか個人情報の扱い必ず目を通す

 

●1について

お店が発行するポイントカードやショッピングモールが発行するクレジットカード等と異なり、QRコード決済は店とは別の第三者の決済事業者が提供します(一部例外あり)。店が勧めたからといって、店側では、サービス内容に責任を持てません。自己責任になります。

●2について

不明な点、不安な点、スマートフォンの盗難時、不正利用かも? というときは電話が不可欠になります。

●3について

クレジットカードは、会費を受け取り、店舗からも手数料を受け取り多彩なサービスを提供しています。

交通系ICカードは、改札の効率化、不正乗車の防止などの効果があります。

QRコード決済の場合は、取得した購買データを活用したり、他の事業へ誘導することで、高いポイント還元を実施しているケースがあります。

各社の事業目的・仕組みをつかむことが大切です。

●4について

3とも関わるところです。自分の購買データがどのように扱われるか、新しい決済方式では、都度確認をしましょう。購買履歴データを個人の「信用スコア」として利用する動きもあります(これはダイレクトにではなく、今後同意を求められるでしょう)。

 

上記はどの決済サービスが良い・悪いということではありません。

同じサービスに対し、歓迎する人もいれば、気になって敬遠する人もいるものです。人の感じ方、生活スタイルは様々です。一人ひとりがサービスコンセプトを理解し、判断したいものです。

テクノロジーは進化し、サービス内容も変化していきます。

各社の姿勢や動きを見ながら、良いものを選んでいきましょう。

2019年8月22日 COMPASS編集企画室

 

 


無料メール会員登録はこちら

読者の登録変更はこちら

世界に響け職人の心意気 COMPASSとは あいてぃのある職場日記 中小企業支援情報