IT経営マガジン

COMPASSONLINE

「ITのホント、経営のヒント」を現場目線でわかりやすく紹介!
参考事例をきっと探せる、中小企業のIT活用情報サイトです。

人手がかかる作業をプリンターが代行! 導入企業の選択ポイントと効率化の方法を探る

2017年 秋号 2017.08.20


社内の印刷にかかわる作業をもっと効率化できないものか─。ボリュームのあるプリントやページ数の多い資料作成などを内製化している企業には、こんな悩みがあるはずだ。印刷の速度はもちろん、資料のステープル止めや封入・封かん作業など、手作業がまだまだ多い。
 こうした課題を解消し大きな導入効果をもたらしているのが、理想科学工業の高速フルカラープリンター「オルフィスGD」である。導入した企業はオルフィスGDのどのような点を評価しているのかを探ってみよう。

高速印刷と低単価に加え高精細なカラー再現性も好評

印刷物づくりにかかわる困ったこと「オルフィスシリーズ」は2003年の登場以来、オフィスプリンターで“世界最速*1”を更新している。最新機種の「オルフィスGD」は、毎分160枚*1を実現した。加えて、印刷単価もフルカラー1枚あたり1・44円*2、モノクロ1枚あたり0・50円*2と非常に安価。高速プリンターとして圧倒的な優位性を持っているのである。
 オルフィスを検討する企業がまず注目するのは、やはり印刷速度。理想科学工業 営業統括部 ORP統括課長の中川氏は、「実機をご覧
いただいたお客様は、印刷スピードに驚かれます。製品を一定期間お貸し出しして試験運用していただくと、さらに実務の中での効果を深く実感されるようです」と説明する。
 「オルフィスGD」によってカラーの印刷コストを大きく抑えられることから、従来はモノクロで“我慢”していた販促チラシ、顧客向けの提案書、社内の会議資料等々をカラー化し、視覚効果を高めて成果を上げている事例も数多くある。

帳票出力用途で多数の導入 枠線と個別データを同時印刷

導入目的で見ると、「オルフィスGD」はチラシや書類印刷に次いで請求書や納品書など定期的に発行する帳票類の印刷用途が多い。あて先ごとに異なるデータを印刷するバリアブルプリントが可能なほか、帳票の定型フォームと可変データを白紙に同時印刷できるフォーム合成機能を実現できるのも、帳票印刷の効率化に大きく貢献している。専用紙が不要となればコスト削減効果も大きい。
 中川氏は、「一般企業はもとより、物流倉庫で用いるピッキングリスト、自治体での住民向けの個別案内、医療分野では健康診断の結果出力で使われています」と、様々な業種への広がりを語っている。

オルフィスGD 選ばれるポイント

 

オフィスでも便利に使える各種オプションを提供

さて、「オルフィスGD」は印刷前後の作業を効率化できるオプションが充実していて拡張性があるのも特徴。その中で、特に装着率が高く利便性も評価されているのが、スキャナーとオフセットステープル排紙トレイである。
 スキャナーは、片面でも両面でも毎分100ページ*3のスキャンおよび毎分70ページ*3のコピーが可能。オフセットステープル排紙ト
レイは、オフセット排紙もしくは最大50枚のステープル止め*4を自動化でき便利なうえ、コンパクトサイズ。いずれも、会議資料作成や社内文書のコピー・まとめなど一般オフィスでも頻度の高い作業の効率化に貢献する。
  中川氏は、「最初は特定部門の課題解決のために導入した『オルフィスGD』を、複数の部門で共用する、外注していた印刷物の内製化のために使用するなど、活用範囲を全社に広げていくお客様も少なくありません」と話す。
 導入した企業の多くが、採用時の評価・期待を大きく上回る手応えを運用において掴んでいるのである。オルフィスの活用で業務の効率を上げれば、働き方改革推進にも役立つだろう。

 

【事例】「オルフィスGD」を選択した食品メーカーの例
 通販の送り状作成で手間とコストを大幅削減
 配送時の温度変化でもにじまないインクも便利

冷凍商品の通信販売を全国に向けて行っている宮崎県の会社では、お歳暮や寒い時期の贈答品として注文が増える、冬場の約3 カ月間、受付・発送業務に追われる日が続く。商品に貼付する送り状の印刷は1 日1000 枚にのぼることもある。
 オルフィス導入前はレーザープリンターを活用していたが、シール紙を用いた送り状は印刷時の熱でシール紙の糊がはがれ、頻繁に紙詰まりが起こってしまうため、稼働中は社員がつきっきりで監視し対処しなければならなかった。
 そこで「オルフィスGD」を導入。1000 枚の印刷がわずか15 分という速さはもちろんのこと、熱を使わないインクジェット式印刷ゆえにシール紙にも対応可能なことが採用の決め手になった。
 また、「オルフィスGD」は油性インクを使用しているため、雨天時や商品の温度変化による水漏れがあった場合でも送り状の文字が滲むことがなくなり、商品配送時の懸念の1 つが解消できたという。
 さらに利用用途を広げ、外注していたカラーの商品チラシを内製に切り替え、顧客の注文履歴や属性に応じて内容を変えるなど柔軟なチラシ作成を行っているそうだ。

 

お問合せ
会社名 理想科学工業株式会社
住所 東京都港区芝5-34-7 田町センタービル
お客様相談室 0120 -534-881
URL www.riso.co.jp

無料メール会員登録はこちら

読者の登録変更はこちら

2017年秋号表紙 最新号

2017年 秋号

08月5日発行

経営者が知っておきたい今どきのWeb活用事情

≫ 最新号の詳細はこちら ≪

最新号を読む

バックナンバー

≫ 読者アンケートはこちら ≪

COMPASSとは 中小企業支援情報