IT経営マガジン

COMPASSONLINE

「ITのホント、経営のヒント」を現場目線でわかりやすく紹介!
参考事例をきっと探せる、中小企業のIT活用情報サイトです。

小規模農家が使いこなすIoT&モバイルが生む価値

Webオリジナル 2017.08.23


「人と同じで田んぼは1枚ずつ癖がある。水持ちや水はけの良さが異なるので、水量調節は時間のかかる大事な仕事です」
新潟県新発田市にて、家族4人で農業を営むそうえん農場(株式会社そうえん)の下條荘市氏は、現場の様子をこう語る。
同社は水田の見回り作業時間をIoT&クラウド型の水田管理システムで大幅に削減した。

●水田センサーIoTで見回り時間を大幅削減

田んぼに設置したセンサーが1時間ごとに水温や水位、湿度などのデータを送りサーバーに蓄積。集計されたデータはタブレットやスマホなどでいつでも確認できるので、水位の調整が必要な田んぼを選んで作業を進められるようになった。

削減できた見回り時間は別の作業に充てられるようになり、同じ人数で生産量を20%増加させることができた。「1年蓄積したデータを見ると面白い。いろいろ見えてくるものがあります。トラクターの自動運転もいずれ実用化しますし、農業はIoTや AIの活用が一気に進むでしょう」と話している。

2017年5月31日「攻めのIT経営中小企業百選2017」発表会にて

そうえん農場は、COMPASS2017年夏号掲載直後、経済産業省の「攻めのIT経営中小企業百選2017」に選定された。
以下に、同社の歩みとシステムの内容を詳しく紹介していく。

会社名 株式会社そうえん(そうえん農場)
住所 新潟県新発田市横岡1910-1
業種 農業(米、イチゴ、枝豆など)
従業員数 4名
URL http://www.shimojo.tv/

 無料メール会員登録をして続きを読む


無料メール会員登録はこちら

読者の登録変更はこちら

世界に響け職人の心意気 COMPASSとは あいてぃのある職場日記 中小企業支援情報