IT経営マガジン

COMPASSONLINE

「ITのホント、経営のヒント」を現場目線でわかりやすく紹介!
参考事例をきっと探せる、中小企業のIT活用情報サイトです。

【連載】中小企業経営者のためのFileMaker活用術

COMPASS連載 2018.08.07


*連載最新アップデート2018年8月15日

成長を目指す企業がFileMakerを使うわけとシステム構築法

「ほしいシステムがなかったのでFileMakerで作りました」
「自分たちで修正していけるのでリーズナブル」

最近、データベースソフト「FileMaker」を活用する企業の話を耳にす機会が増えた。
その理由、そして各社はどんなふうに使いこなしているのか、どう活用するとうまくいくのか。
現場で具体的な支援を行っている専門家に解説していただく。(編集部)

<著者紹介>

株式会社ITC 総合研究所
代表取締役 谷巌氏(左)
取締役・庶民派IT コーディネータ 用松節子氏(右)

ITC 総合研究所はITコーディネータが集まって作った会社です。IT コーディネータはITと経営の両方の視点から中小企業のIT 活用を最適化させることを使命としています。ITC 総合研究所は、泥臭い部分も含めて実現するまで責任を持つスタイルです。

目次(2017年10月現在)

第一回 成長を目指す企業とFileMaker

第二回 システム導入の方法を比較する

第三回 FileMakerによるシステムの再構築(上)

第四回 FileMakerによるシステムの再構築(下)

第五回 Excelからデータベースへの移行(上)

第六回 Excelからデータベースへの移行(下)

第七回 データベースの重要ポイント「リレーション」

第八回 FileMakerにおけるリレーションの作成方法  

第九回 操作性を高める「レイアウト」の設計(1) 

第十回 操作性を高める「レイアウト」の設計(2) 

第十一回 独特の考え方である「テーブルオカレンス」の概念 NEW

続く…

 

 

 


無料メール会員登録はこちら

読者の登録変更はこちら

世界に響け職人の心意気 COMPASSとは あいてぃのある職場日記 中小企業支援情報